脳梗塞に要注意|寝たきりになる前に病院に受診しよう

女性

脳の血栓を取り除く方法

血栓を溶かせば完治も可能に

看護師

ある日突然発症する脳梗塞は、手当が遅れれば寝たきりになることもある病気です。脳の太い血管が詰まった場合は命を落とすことにもなりかねません。一命を取り留めても後遺症が残ることが多く、回復後の生活に大きな支障が出るのが脳梗塞の怖さでした。その状況も医学の進歩で劇的に変わりつつあります。発症から数時間以内に救急搬送された場合に限りますが、脳梗塞が完治できる可能性も出てきたのです。もちろん搬送先は相応の治療設備を持つ医療機関を選ぶ必要はあります。一定の条件下でなら、脳の血管が詰まってもすぐに血流を回復できるようになったのです。2005年に実用化されたこの画期的な治療法をt-PA静注療法と言います。t-PAとは、脳の血管を詰まらせている血栓を短時間で溶かしてしまう薬です。これを静脈から注入することにより、高い確率で脳梗塞の症状が消失します。出血リスクもあるため、この薬を使えるのは発症から4時間半以内のケースに限られます。t-PAのおかげで命が助かり、後遺症もなく元気に回復できた患者さんは数多くいます。少しでも早く病院に救急搬送されることで、今まで通りの生活を続けている人も少なくないのです。

カテーテルで血栓回収も

いろいろな事情で救急搬送がやや遅れてしまった場合でも、発症8時間以内ならまだ効果的な治療を受けられます。やはり設備の整った医療機関に限られますが、血栓回収療法という奥の手があるのです。これは太ももの血管からカテーテルを挿入して脳の血管まで通し、詰まっている血栓を取り除く方法です。局所麻酔で実施が可能なため、高齢の患者さんにも対応できます。血栓回収療法に使われる機器にはいくつかの種類が挙げられます。最もよく使われているのはソリティアという機器です。これは冠動脈の手術にも使われるステントという網状の筒で、血栓をがっちり捉えて回収する能力に優れています。この他にもポンプで血栓を吸引するペナンブラという機器などがあります。バルーンと呼ばれる小さな風船で血管を広げる方法と組み合わせれば、効率よく血栓を回収できるのです。こうした血栓回収療法も、t-PA静注療法に劣らず脳梗塞の症状を劇的に改善させられます。発症後の経過時間が短ければ短いほど回復効果も高まるものです。一時的に障害を受けた脳の一部機能も、短時間で血流が回復することでダメージが小さくなります。それだけリハビリの労力も少なくて済むのです。

健康のためには

カウンセリング

京都で脳疾患の不安がある人は、一度脳ドックを受けてみるべきです。脳卒中になると生命の危険だけでなく麻痺や障害が残ることが多いので事前に予防することが大事なのです。京都の脳ドックではMRIやMRAで画像分析を行い、無症候性脳梗塞や無症候性脳出血や未破裂脳動脈瘤を発見することができます。

Read More...

休息をとりましょう

悩む女の人

自律神経失調症はストレスが原因で起こる症状の総称であり病名ではありません。体と心のバランスをとりながら充分に休養してストレスを取り除いてやる必要があります。漢方薬や鍼灸治療が効果的でお奨めですので是非取り入れてみて下さい。

Read More...

病院を選ぶときの注意点

看護師

単独世帯や、共働きの核家族が増えていることから、夜間の診療を行う内科が増えてきました。伊丹も例外ではなく、18時以降の診療を行う病院が増え、会社帰りでも通いやすくなっています。なお、持病を持っている方は、長い付き合いになる病院選びは、重要となります。しっかり事前に情報収集を行っておきましょう。

Read More...