脳梗塞に要注意|寝たきりになる前に病院に受診しよう

女性

健康のためには

カウンセリング

京都に住んでいて脳疾患などの病気の不安がある人は、一度脳ドックを受けてみるのがいいです。日本人の死因で最も多いのは癌や心臓病、脳卒中の3大疾患です。このうち脳卒中はかかると生命の危険だけでなく助かっても麻痺や障害が残ることがある病気なのです。そのため脳卒中は発病しないようにすることがなにより重要なのです。人間ドックを受けたことがあっても意外と脳ドックを受けたことのない人は多いのです。京都で血圧が高い人や糖尿病を持っている人や、やや中性脂肪が多めの人は脳ドックを受けてみるのがベストです。自分の脳の状態を知ることで前もって、脳卒中にならないよう対策を立てることができるので発症リスクを軽減することができます。

京都で脳ドックを受けるときは、MRIやMRAを使った画像分析を行います。画像を分析することで血栓や脳卒中の兆しを発見することができるので、早いうちに予防対策を立てることができます。京都の脳ドックで発見することができる脳疾患に隠れ脳梗塞と呼ばれる無症候性脳梗塞や自覚症状のない無症候性脳出血があります。隠れ脳梗塞は高血圧や糖尿病の人は発症するリスクが高いので生活習慣の改善などで予防に努めるようにします。またMRIでは小さな脳出血まで発見できるようになっているので、無症候性脳出血の兆しを把握することができるのです。さらに脳の動脈にできた瘤が破裂する前の未破裂脳動脈瘤の発見も可能なので、事前に予防することができます。